【完全版】レンタルサーバーの選び方【押さえるべき重要ポイント】

2013y11m10d_211517810

レンタルサーバー選びは初心者であれば、かなり悩みますよね。それにわからない部分もあり、何に注意して、何を重視すれば良いのかわからない方も多いと思います。そこでレンタルサーバーの正しい選び方として、押さえるべき重要ポイントを分かりやすく解説していますので、是非レンタルサーバー選びの参考にしてみてください。

①レンタルサーバーの種類を選択(共用or専用orVPS)

2013y11m10d_165508702

レンタルサーバーには共用サーバー、専用サーバー、VPSサーバーがあります。一般的なのは共用サーバーです。ですので、ほとんどの方は共用サーバーで問題ありません。ですが、念のために共用、専用、VPSの違いを解説しておきます。

共用サーバー

1つのサーバーを複数人で利用する最も一般的なレンタルサーバーの種類。メリットは、価格が格安でメンテナンスも不要で楽。デメリットは、複数人で利用することによる他人の過度な負荷による悪影響も受ける。ただ、個人使用や小規模企業のサイトであれば共用サーバーで十分。

専用サーバー

サーバー一つを丸々利用出来るので、メリットは他人の使用による悪影響を受けないことやサーバーの拡張など自由度が高い。デメリットはメンテナンスやアップデートなどが面倒。企業の巨大サイト運営向き。

VPSサーバー

共有サーバー内に仮想の専用サーバーを設置して利用する新しいサーバーの種類。共有サーバーの格安さと専用サーバーの自由度を兼ね備えたサーバー。ただ専用サーバーのようにメンテナンスが面倒。巨大サイトでコストを低く抑えた方向き。

以上がレンタルサーバーの種類ですが、個人・個人事業主・小規模会社であれば一般的な共有サーバーを利用すれば十分です。

②ディスク容量(○○○GB)~大きければ大きいほど良い~

2013y11m10d_161655053

ディスク容量は主にウェブ用とメール用があります。レンタルサーバーでウェブ以外にもメールアドレスを習得して利用される場合はメールの容量も気にして選択してくださいね。

ディスク容量とは

ディスク容量とは、ウェブ上に公開するHP、ブログ全ての容量を指します。ページ数が多ければ、それだけ容量を使います。文字数が多ければそれだけ容量を使います。また画像・動画が多ければそれだけ容量を使います。また、メールアドレスを取得する場合は、メール受信数が多ければ多いほど容量を使います。なので、ディスク容量とは利用する全ての容量ということです。

ディスク容量目安

ディスク容量は大きければ大きいほど良いです。ブログやサイトは更新すればするほど大きくなっていきます。ですので、先のことも考えて余裕を持った大きさの容量を選ぶと良いです。もし、趣味程度の一つのブログを運営するだけならば10GBぐらいで良いでしょう。複数のサイトやブログを運営するならば100GBもあれば十分です。また、ボリュームの大きいサイトやブログをたくさん作るならば200GBは欲しいですね。

一応目安として上記に書きましたが、やはり余裕を持った容量にしておくことが大事です。容量は余るぐらいが良いです。その方がサイトの読み込みスピードは早く快適なサイト運営が出来ますからね。

③マルチドメイン登録可能個数

2013y11m10d_154647366

マルチドメンがいくつまで登録可能か個数をチェックしましょうね。出来れば、将来的なことも考え余裕を持っておきましょう。

マルチドメインとは

マルチドメインとは、独自ドメインを複数設定出来ることです。http://○○○.comのような独自ドメインを一つのサーバーで何個利用出来るのかです。

マルチドメインの個数の目安

マルチドメインは何個あった方が良いのか。こればっかりは本人次第です。どれだけ独自ドメインを取得してサイトやブログを運営するのかで決まります。ただ、最近はマルチドメイン無制限(何個でもOK)というサーバー、プランが増えていますので、マルチドメイン無制限を利用する方が多いですね。

私個人としてもマルチドメインは無制限のサーバーやプランにする方が良いと思います。最初はブログ・サイト一つ運営出来れば良いやと思っていても作っている内に、どんどん他のサイトやブログが作りたくなってくるものです。ですので、オススメは無制限ですね。

④MySQL~ワードプレス運営には欠かせない~

2013y11m04d_014131630

ワードプレスを始める方にはMySQLは欠かせません。超格安サーバーの最安値プランにはMySQLが利用出来ないプランもありますので、必ず有無をチェックしてください。MySQLが利用出来ないとワードプレス運営は出来ません。MySQLは必ず必要なものです。また、基本的にMySQLの個数=ワードプレス運営可能個数ですので、ワードプレスをいくつ運営するのかを加味してMySQLの個数をチェックしてみてください。

⑤メールアドレス登録個数

2013y11m10d_215648805

レンタルサーバーを利用する際にメールサーバーを利用する方はメールアドレス登録個数も要チェックです。ですが、私はレンタルサーバーを利用する際にメールサーバーを利用した事はありませんので、特にメールアドレス個数は気にしていません。ですので、メールサーバーを利用しない方は特に気にしなくても大丈夫です。

⑥簡易インストール機能の有無

2013y11m10d_161935066

ワードプレスといった人気ブログの機能を利用する際、通常はワードプレスのデータをFTPツールを使ってサーバーにアップロードする必要があるのですが、簡易インストール機能を利用すれば誰でも簡単にワードプレスを利用することが出来るので、安心なんですよね。ですので、簡易インストール機能が利用出来るかどうかチェックしてみてください。ただ、最近のサーバーはほとんどが簡単インストール機能を導入しているので、特に心配する必要はないですね。

⑦初心者ほどサポート体制&マニュアルを要チェック

2013y11m10d_221352234

レンタルサーバー初心者の方は特に電話サポート体制が用意されているサーバーを選ぶようにしましょう。利用中にわからない設定や疑問点が出て時、トラブルが起こった時、メールではなく電話ですぐに解答が欲しい時は必ず出てきます。そんな時に電話サポートがないと結構困ります。レンタルサーバーでは、契約者は基本メールサポートがほとんどです。なので、メールサポートだけではなく電話サポートも整っているサーバーを選ぶことをオススメします。

また、サーバー利用のマニュアルが整っているサーバーを選ぶようにしましょう。超格安サーバーは設定マニュアルが充実していないサーバーが多いので、玄人・上級者向けが多いです。初心者の方は値段が安いサーバーは初心者向けだと勘違いするケースが多いですが、そんなことはありません。むしろハイスペックサーバーほど初心者に優しいマニュアルが用意されていますので、初心者向きだと言えます。ですので、マニュアルの充実ぶりも選択の一つに入れておくと良いですよ。

⑧サーバーの安定性(転送量、バックボーン、稼働率)

2013y11m10d_165820476

サーバーの安定性は様々な要因が絡まってくるので、一概には言えませんが、転送量、バックボーン、稼働率である程度の安定度は測れると思いますので、その3点に注目してみましょう。

転送量とは

転送量とは、1日のデータ転送可能な量です。自分にHPに人が訪れると、その閲覧者にサーバーからHPのデーターを転送することで閲覧者はHPを見ることが出来ます。閲覧者が増えると転送量も増えるのですが、1日の転送量を超えてしまうとHPが表示されなくなります。ですので、1日の転送量は多い方が良いです。

バックボーン

バックボーンとは、サーバーが接続している基幹通信回線のことです。つまり接続しているインターネット回線のことです。その基幹通信回線が太い(数値が高い)ほどサーバーは安定していると言えます。

稼働率

稼働率は、サーバーが稼働している割合です。稼働率が高ければ高いほどサイトが正しく快適に表示されていることになり、サーバーが安定していると言えます。

上記のような3点はそこまで要チェックする必要はありませんが、気になる方はチェックしてみてください。ただ、サイトの閲覧者が多い人気ブログを作成しようと思っている方は出来るだけ転送量は気にした方が良いですね。転送量が多いサーバーを選ぶようにしましょう。

まとめ

2013y11m10d_222424579

 

①レンタルサーバーの種類

②ディスク容量

③マルチドメンの個数

④MySQLの個数

⑤メールアドレスの個数

⑥簡易インストールの有無

⑦サポート体制&マニュアル

⑧サーバーの安定性

以上がレンタルサーバーの選び方で押さえるべき重要ポイントの解説でした。是非参考して、御自身にあったレンタルサーバーを見つけてみてくださいね。


レンサバランキング

コメントを残す