レンタルサーバーのバックボーンとは何??

2013y11m10d_180339722

レンタルサーバーのHPを見ると、自慢のバックボーンの数値を記載しているサーバーもありますね。ですが、レンタルサーバー初心者からすればバックボーンと言われても全く分かりませんよね。バックボーンに関してはレンタルサーバーを利用している人も知らない人が多いです。そこでバックボーンについて解説したいと思います。

レンタルサーバーのバックボーンとは??

2013y11m10d_180605372

レンタルサーバーを利用する目的はインターネット上にHPやブログを公開することですよね。ですので、サーバーはインターネット回線と接続している必要があります。その接続されているインターネット回線≒基幹通信回線がバックボーンなのです。ですので、バックボーンが太ければ太いほど高速で快適なサイト・ブログ運営が出来ます。だからこそレンタルサーバー会社は自慢の太いバックボーンを宣伝する訳です。バックボーンが太い(数値が大きい)と、高速通信が可能になり、ページ閲覧者にとって快適なサイト運営が出来、サイトの容量が大きくてもデータ転送が問題なく行われ安定した運営が出来るのです。

2013y11m10d_181245917

もちろんバックボーンの数値が大きいからと言って万全ではありません。そのバックボーンに何台のサーバーが接続されているのか、サーバーは何人で共有されているのかによって実質的な速度は変わってきます。ですので、バックボーンが太いからと言って高速で快適な運営が出来るということは一概に言えないんですよね。いくら太いバックボーンであっても、そこに接続されているサーバー台数が多かったり、サーバー内の共有人数が多かったりすれば、そのバックボーンよりも細い(数値が低い)よりも実質速度が下がる場合もあります。ですので、バックボーンだけ数値だけでは判定は出来ません。

ですが、サーバー接続数や共有人数ははっきりと分かるものではありませんので、私個人としてはバックボーン数値を目安にして良いと思います。今まで様々なサーバーを利用してきましたが、バックボーン数値が高いサーバーは、やはり他のサーバーよりも快適な印象を持っていますので、バックボーン数値も参考にしてみてくださいね。


レンサバランキング

コメントを残す