レンタルサーバーの独自SSLと共有SSLの違い

2013y11m11d_034719430

個人情報を守るためのセキュリティとしてSSL機能を利用することが一般的なのですが、そもそもSSLとは何か。独自SSLと共有SSLの違いが何かわからない方のために、SSLについて解説させて頂きますね。

SSLとは何??

2013y11m11d_035000534

SSLとはインターネット上で閲覧者が入力する個人情報を暗号化して外部から閲覧ができるないためのセキュリティ機能です。主には、お客さんの個人情報・注文情報を扱うネットショップやアンケートを導入するサイトやブログで利用されています。またSSLを利用することで、ECサイト訪問者に安全なサイトであることをアピールすることにもなります。ですので、個人情報を扱うサイトはSSLを導入した方が良いです。ただ、普通にブログ運営している一般の方には関係ない機能ですので、この記事は特に読み進める必要はありません。

独自SSLと共有SSLの違い

2013y11m11d_035611882

レンタルサーバーでSSLを利用する場合、独自SSLと共有SSLがあります。共有SSLは、対応しているレンタルサーバーであれば基本無料で利用出来ます。独自SSLの場合は独自にSSL証明書を習得することになり初期費用・維持費が必要となります。

独自SSLと共有SSLの大きな違いは、信頼性と費用です。費用は上記に述べた通り有料か無料かなんです。独自SSLは有料で費用が発生するのですが、共有よりも遥かに高い信頼性をお客さんより得ることが出来ます。独自SSLの場合、独自ドメイン内にSSL機能を付けたページをおくことが出来ます。例えばhttp:○○.com/sslのような感じです。ですが、共有SSLの場合は、独自ドメイン内におくことは出来ません。あくまでも共有なので、共有ドメインにページをおくことになりますので、SSL機能がついたページだけ別のドメインに飛ぶことになります。なので、独自SSLの方がお客さんからの信頼度は良いです。

結局独自SSLと共有SSLどっちが良いの??

2013y11m10d_181245917

簡単なアンケート導入の方は共有SSLで十分です。共有SSLは利用も無料で、管理も必要ありませんので楽です。ですので、簡単なアンケートぐらいであれば、共有SSLで問題ありません。

また、金銭の発生するようなECサイトの場合は独自SSLの方が良いですね。共有SSLに比べ費用がかかり、管理も必要になってきますが、信頼性が重要なECサイトにおいて独自SSLを導入することでサイトの信頼度をあげることは必要ですので、独自SSLを取得した方が良いです。


レンサバランキング

コメントを残す