レンタルサーバーの種類の違い~共用・専用・VPSサーバーとは~

2013y11m10d_032213290

レンタルサーバーのサイトを覗くと共用サーバー、専用サーバー、VPSサーバーの3種類があるのが分かります。サーバー初心者からすると、共用・専用・VPSと言われてもなんのことか解らず困っていしまいますね。そこでレンタルサーバーの種類(共用サーバー、専用サーバー、VPSサーバー)の違いを分かりやすく解説致します。

レンタルサーバーを利用するならどれ??

2013y11m10d_020729879

大抵の人が利用するのは共用サーバーです。ですので、専用サーバーやVPSサーバーは無視して構いません。個人・小規模会社であれば共用サーバーで十分です。ですので、個人でHTMLサイトやワードプレスサイトを運営していく際に選ぶのは共用サーバーです。ではその共用サーバーとは何か。共用サーバーは一つのサーバーを複数人で共有して利用していることです。ですので、共有サーバーというのです。

その他の種類に専用サーバーとVPSサーバーがありますね。専用サーバーは一つのサーバーを丸々独り占めするサーバーのことです。専用サーバーは、サーバーの種類の中では専用サーバーが一番コストが高く専門性も求められますので、個人レベル・小規模会社レベルで利用することはまずありません。

また、VPSサーバーは、共有サーバーと専用サーバーの中間に位置するサーバーです。実体は共有サーバーなのですが、共有サーバーの中に仮想のサーバーを設置するので、あたかも専用サーバーであるかのように利用することが出来るサーバーのことをVPSサーバーと言います。共有サーバーの中に仮想のサーバーを設置するので、仮想サーバーとも言われますね。VPSサーバーは専用サーバー並みの性能を誇りながら料金が専用サーバーよりも安く済みますので、法人レベルで利用されるケースも増えています。ですが、それでもコストは高いので個人レベルでは共有サーバーが一般的です。

これからワードプレスを運営して行くためにレンタルサーバーを契約するのであれば、共有サーバーのプランをチェックしてくださいね。共有サーバーは最も一般的なサーバーですので、どのレンタルサーバーのホームページでも一番見やすい場所にプランの提示があります。共有サーバーは数百円~1,500円程の格安料金で利用出来ますので、是非レンタルサーバーのサイトを覗いてみてください。


レンサバランキング

コメントを残す